フリーエリア

プロフィール

Country Dreamer カントリー・ドリーマー

Author:Country Dreamer カントリー・ドリーマー
旅アルバムDigital Trip Photoへようこそ!
旅行、観光、リゾート紀行のオリジナル画像をエリア別に掲載し、楽しいファミリー向け旅行にお得な各施設の穴場、お得情報も発信しています。
 また、デジタル一眼レフカメラ情報も載せる予定です。

                          by Country Dreamer

ブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録

最近の記事

スポンサードリンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア1

旅アルバム

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都大原 散策 紅葉

syourinnji
京都大原 宝泉院 勝林院 界隈  大原の里
京都大原と言っても、三千院と寂光院だけではありません。 宝泉院・勝林院・来迎院・実光院 
しかし共通して言えるのは、天台声明(てんだいしょうみょう)寺院(仏教音楽伝承の寺)で
お寺の名称が全て ○○寺 ではなく ○○院です。

勝林寺
魚山と号する天台宗の寺院です。円仁(慈覚大使 じかくたいし)が唐から持ち帰り、比叡山に伝承した法儀声明(ほうぎしょうみょう)の修練道場として、弟子の寂元(じゃくげん)が長和2年(1013年)に創建し、後に天台声明の根本道場となった。声明とは、インドで始まったバラモンの学問の1つであるが、日本では仏を讃える歌謡や経を読む音律として広がり、仏教のほか民謡などの日本音楽にも大きな影響を及ぼした。 
 文治2年(1186年)に天台宗の顕真が浄土宗の法然を招き、専修念仏について論議した「大原問答」が行われたところでもある。伝説では、その際に、本尊の阿弥陀如来が手から光明を放って念仏の衆生済度の証拠を示したと言われ、本尊は「証拠の阿弥陀」と呼ばれた。 
 本尊を安置する本堂は、鐘楼とともに、京都市の有形文化財に、また、創建当時の梵鏡と境内東側の石造宝放筺印塔は、国の重要文化財にし指定されている。 京都市。


takara




oohara


大原 実光院 勝林院 宝泉院 

大原来迎院

大原三千院 1

大原三千院 2

神戸から京都散策

南禅寺

京都清水寺ライトアップ

永観堂ライトアップ
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

<< 平家物語 建礼門院ゆかりの京都大原寂光院 | ホーム | 京都大原 三千院1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。